June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

Link

AD



無料ブログはココログ

BSフジで鉄道伝説第3シーズンが放送中

BSフジの「鉄道伝説」。
現在は第3シーズンが毎週日曜深夜に放送中である。
http://www.bsfuji.tv/tetsudo_densetsu/

NHKでかつて放送されていた「プロジェクトX」の鉄道版といったドキュメンタリーで、
新車両開発における技術陣の奮闘ぶりを描いた回が中心であるが、
先日の放送では大阪万博の波動輸送に焦点を当てていた。
鉄道に特化しているだけあり、専門的でなかなか興味深いのだが、
BSの悲しさか製作費は少ないように思われ、
本家のプロXに比べると全体のつくりが安っぽく見えてしまうのは否めない。

現在Blu-rayディスクが第4巻まで発売中だ。

追記:4月からは再放送と新作を交互に放送するスタイルとなっている。
またBlu-rayディスク第5巻が発売された。

鉄道伝説 第1巻 [Blu-ray]
ファブコミュニケーションズ
売り上げランキング: 21,262


鉄道伝説 第2巻 [Blu-ray]

売り上げランキング: 62,968


鉄道伝説 第3巻 [Blu-ray]

売り上げランキング: 8,118


鉄道伝説 第4巻 [Blu-ray]

売り上げランキング: 8,773


鉄道伝説 第5巻 [Blu-ray]
ファブコミュニケーションズ
売り上げランキング: 4,408

NHK最長片道切符の旅ふたたび

関口知宏クンが旅人となり、2004年にNHK BSで放送されて大好評を博した
「列島縦断 鉄道12000kmの旅 ~最長片道切符でゆく42日~」。
2月7日よりスカパー/スカパーe2のチャンネル銀河で再放送が始まる。

http://www.ch-ginga.jp/epg/?program_id=127517

毎週日曜に3日分をまとめて放送するという形となる(再放送あり)。
初回放送分は稚内、生田原、塘路の各駅からの中継だ。
その後の中継駅はWikipediaを参照されたし。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%97%E5%B3%B6%E7%B8%A6%E6%96%AD_%E9%89%84%E9%81%9312000%E3%82%AD%E3%83%AD%E3%81%AE%E6%97%85_%E3%80%9C%E6%9C%80%E9%95%B7%E7%89%87%E9%81%93%E5%88%87%E7%AC%A6%E3%81%A7%E3%82%86%E3%81%8F42%E6%97%A5%E3%80%9C

つい最近放送されていたような気がするのに、
もう6年近くも経ってしまったのかと思う。

決定版 列島縦断 鉄道12,000km 最長片道切符の旅 [Blu-ray]
BMG JAPAN Inc.(BMG)(D) (2008-04-23)
売り上げランキング: 31948
おすすめ度の平均: 5.0
5 鳥肌モノ。
5 ついにブルーレイ化!
5 祝ブルーレイ化

NHK教育「趣味悠々」Nゲージレイアウト~ 最終回

NHK教育の趣味悠々、Nゲージレイアウト制作入門も今回で最終回となった。
レイアウトを楽しむ、ということで情景撮影、サウンドユニット、車載カメラ、夜景と、
様々な楽しみ方を紹介していた。
とりわけトミックスのパワー&サウンドユニットを使用した運転では、
三波氏、諸星氏ともに運転士の帽子をかぶってノリノリ。
あの機器はぜひとも欲しい一品だが、十数万円という価格ではなかなか手が出ない・・・

毎回楽しみに見ていたこのシリーズ、ぜひとも第3弾を期待したいところ。

NHK教育「趣味悠々」Nゲージレイアウト~ 第6回

番組も今回で6回目の放送。
畳サイズのレイアウト製作が進んでいる。
スタイロフォーム(NHKなので固めの発泡スチロールという表現)のベースに、
石膏やプラスターで地形作りを行っていた。
昔はベニヤ板を山の稜線の形に切り出す方法がポピュラーだったが、
色々な製品も増えて便利な時代になった。

ところで上下二層式の線路をよく見れば、
上段はKATOのユニトラック、下段はTOMIXのファイントラックを使用している。
現在のNゲージの世界では、この両者が線路システムの2大ブランドであり、
個人でレイアウトを製作する場合、どちらかのシステムのみを使用し、
両者を併用することは通常ないように思われる。

公共放送では特定のメーカーに偏ることは許されないため、
このようなスタイルのレイアウトとなったのだろう。
NHKらしい配慮が伺われて、なかなか興味深い。

鉄道模型でつくる思い出の風景―Nゲージ・レイアウト制作入門 (NHK趣味悠々)

日本放送出版協会
売り上げランキング: 546
おすすめ度の平均: 4.0
4 低価格でわかりやすいレイアウト制作ガイド(放送見なくても全然OK)

NHK教育「趣味悠々」Nゲージレイアウト~ 第2回

Nゲージレイアウト製作講座の第2回が放送された。
A3版のパネルに小レイアウトを作成するという、
初心者にも取っ付き易い内容はなかなか。
見た人は今すぐレイアウトを作りたくなってしまうのではないだろうか。
今後のレイアウト製作の進展が楽しみである。

一つ気になったのは、製作例で使用されているトミーテック製の
街並みコレクションや建物コレクションのストラクチャーに品切れの製品が多いことだ。
これらのシリーズは稀に再生産されるものの、
基本的には発売直後に入手しないとそれっきりになってしまう。
初心者が模型店に買いに行っても品切ればかりでは困惑するのではないか。
以前から指摘されている車両同様に、メーカには安定供給を期待したいところなのだが、
現状では無理な話か。

NHK教育「趣味悠々」で鉄道模型ふたたび

ちょうど1年前にNHK教育テレビ「趣味悠々」で
鉄道模型のレイアウト製作をテーマにしたシリーズが放送された。
その続編が3月31日から2ヶ月にわたり、
毎週月曜日に放送されることになったようである。
http://www.nhk.or.jp/syumiyuuyuu/

前回放送時に出演していて、このブログにもコメントをいただいた三波豊和氏が、
自身のブログにて放送終了直後より続編放送の可能性を示唆していたが、
1年経って実現の運びとなった。
氏のブログでも続編について紹介されている。
http://toyokazu.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_384e.html

前回はHOゲージを扱っていたが、今回はNゲージ中心らしい。
放送を楽しみに待ちたく思う。

完全走破 北斗星の旅が再放送

1988年9月に放送され、その完成度の高さから鉄道ファンの間でも人気が高かった番組が、
来月13日にスカパーのフジテレビ739で再放送される。

http://www.fujitv.co.jp/cs/program/7395_022.html

番組の内容については以下を参照されたし。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%8C%E5%85%A8%E8%B5%B0%E7%A0%B4!%E4%B8%8A%E9%87%8E%E3%80%9C%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%AF%9D%E5%8F%B0%E7%89%B9%E6%80%A5%E5%8C%97%E6%96%97%E6%98%9F%E3%81%AE%E6%97%85

寝台特急北斗星を牽引する機関車の運転台にカメラを設置し、
上野から札幌までの所謂前面展望を延々と映し続けるという番組だったが、
BGMの選曲や構成の妙などもあって飽きさせない内容となっており、
以前より再放送を願う声が多かった。
後日ビデオが発売されたらしいのだが、現在ではもちろん廃盤であり、
DVD化もされていなかっただけに、鉄道ファンにとっては大歓迎のニュースだ。

放送当時は鉄道から興味が離れていた時期とあって、本放送は見逃したのだが、
週末の再放送を偶然目にすることができて、終わりまでじっくりと見入ってしまった記憶がある。
あれから19年の歳月が流れ、北斗星は今でも走っているものの、
すれ違う列車は大きく変わってしまった。札幌駅も高架化された。
昭和最末期の貴重な記録として、1月13日の放送を楽しみに待ちたい。

鉄道関連番組ラッシュ

金曜夜は鉄道関連番組ラッシュだった。
ますはNHKのBShiで19時から「熱中時間 鉄分補給スペシャル2」。
昨年秋に放送した企画の第2弾だ。
同じNHKの地上波では、
総合テレビで22時から「関口知宏の中国鉄道大紀行秋編」の前半総集編。
テレビ朝日で深夜0時15分から「タモリ倶楽部」の鉄道博物館ロケの後編を放送。
笑っていいとも等では決して見られない、タモリ氏の心から楽しんでいる姿を拝見できた。
その裏ではスカパーのMONDO21(e2ではパンチクラブ)で0時から「鉄道トラベラーズ」。
BSJAPANで0時半から「鉄道模型ちゃんねる」。

もうお腹一杯である。
数年前では考えられないような状況になっている。

タモリ倶楽部、鉄道模型ちゃんねるに出演している豊岡真澄嬢の結婚が決まったとの由。
おめでとうございます。末永くお幸せに。

鉄道模型ちゃんねる DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント (2007/11/21)
売り上げランキング: 7481

めざましテレビで鉄道ネタ

今朝のめざましテレビの芸能コーナーで、珍しく鉄道の話題が紹介された。
最近エンターテインメント界に鉄道の進出がめざましいとの由。

特急田中3号、鉄子の旅、仮面ライダー電王となぜか他局の番組ばかり紹介された後、
中川家礼二氏、石原良純氏のインタビューや鉄道ファンの有名人の紹介、鉄道ファンの分類などなど。
さらには以前も紹介した鉄道アイドル木村裕子さんにスポットを当てていた。
彼女の部屋をリポートした遠藤玲子アナ(木村さんと同い年らしい)は、その鉄分の濃さに唖然としていたよう。
そしてフジテレビからは堺アナウンス室長が登場。
JR東日本の新幹線、特急のアナウンスでおなじみの美声を披露した。

このところ、あちこちで鉄道関連の話題が取り上げられることが多い。
その多くは当たり障りのないようなものに過ぎないけれど、
一過性のブームなどに終わらず、鉄道に親しみを持つ人々がどんどん増えていってくれたらと思う。

「鉄子の旅」出発進行スペシャル

CSのファミリー劇場にてアニメ「鉄子の旅」が今月24日から放送される。
原作のマンガ「鉄子の旅」は国内のJR・私鉄全駅下車を成し遂げた横見浩彦氏と、
鉄道に興味のない女性マンガ家キクチ女史との珍妙な道中を描いたものである。

そのマンガは神保町の書泉グランデで何度か立ち読みした程度だったのだが、
今回のアニメはなかなか楽しみである。
幸いなことに今年よりファミリー劇場を見られる環境になったこともあり、
(Jリーグ中継のためにe2byスカパーに加入した)
楽しみに待つこととしたい。

そのPR番組ともいえる題記の番組だが、
冒頭でくりはら田園鉄道や鹿島鉄道最終日に横見氏が出没する模様を放送。
ナレーションでは上記2路線のディーゼルカーを電車と連発していたのがやや興ざめであった。
その後、車掌DJ氏や鉄子アイドル豊岡真澄さんを交えた出雲旅行を紹介。
原作を描いているキクチ女史が終始顔を隠されていたのが気になった。
アニメは宇宙戦艦ヤマトと銀河鉄道999くらいしかまともに見ていない人間ではあるが、
放送には期待したい。

ちなみに鉄子の旅では【Fe】という鉄道コミュニティを開設しており、
僕ももちろん参加済みである。
http://tetsuko.jp/index.php