さよなら品川駅のお好みそば

品川駅東海道線下りホームの名物だった常盤軒のお好みそばだが、
ホーム改良工事に伴う店舗閉鎖により、12月16日で姿を消すこととなった。
お好みそばとはカウンターに並んだ各種トッピングを、
文字どおりお好みでそばに入れて食べることができるというものである。

今まで何度か食べたことがあったが、今回のニュースを聞いて名残惜しくなり、
品川駅に出かけて食してきた。
休日のためか、昼時なのに客は少なかった。
サービスの生卵が入ったそばにねぎ、わかめ、天かす、かつおぶし、
スライスしたちくわ天、ごぼう天、にしん天、山菜を次々と投入。
満足して食べ終えたことである。

店内の構成的に品川駅の他の常盤軒店舗では提供が難しいらしい。
もう一回訪れる機会があるかどうかわからないが、
このようなユニークな立ち食いそばが消えてしまうのは残念だ。

なお、店内は撮影禁止なのでご注意を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)