« Nゲージのミニジオラマ製作 | Main | ふたたびシーナリィ・ガイドについて »

阪奈和鉄道めぐり

今年のこの時期も恒例のサンライズ瀬戸による旅だ。
2011年以来GW前半に実施していたのだけれど、
今年は予定が合わず3週間遅れとなった。
昨年一昨年はシングルを予約したが、
今年は3年前と同じく姫路までの短距離なのでソロを予約。

昨年同様ノンアルコール状態で横になりウトウトしかけたところで長時間停車。
時刻は0時過ぎで富士のようである。
車両点検の影響ということらしい。
発車しかけて急停車を繰り返していたような記憶があるので、
足回りのトラブルであろうか。
1時間40分遅れとのカレチ氏のアナウンスだったが、
最終的に姫路には2時間2分遅れで到着。
特急料金は払い戻しされたものの、スケジュールの大幅な調整を余儀なくされた。

列車の遅れが決定的になった頃から、遅れ時間をシミュレートしあれこれ再検討。
おかげでほとんど眠れない状態のまま朝を迎えた。
当初の予定にあった山陽網干線と阪神なんば線には乗車できなくなった。
結局姫路付近で乗る路線がなくなってしまい、
まったく何のために姫路まで行ったのかわからなくなるが、
大阪行きの銀河が廃止になり6年経つ今、
寝台列車で関西方面に出かける唯一の手段とあれば仕方がない。
今回は阪和から奈良エリアの未乗線区乗りつぶしがメイン・テーマである。

3年前にならって駅近くの松屋でソーセージエッグ定食の朝食。
当時解体中だった旧駅舎あたりはすっかり新装のビルが建っていた。
新快速で大阪に運ばれ、御堂筋線を使い南海の難波へ。

難波から空港急行で関西空港へ。
南海は23年前に本線の難波-羽衣しか乗車しておらず、
大手私鉄の中では乗りつぶし率が最低レベルで何とかしようと思っていた。
まずは関西空港に到着して空港線を完乗。
ここにはJR関西空港線も乗り入れている。
特急ラピートを前面に押し出した派手な南海の広告に比べ、
控えめなJR西日本が印象的だった。
日根野まで乗車して関西空港線も完乗した。

Img_1666

日根野から一旦りんくうタウンに戻って南海に乗り換え、
南海本線と多奈川線の完乗を目指す。
近辺の加太線と和歌山港線にも乗りたいのだが、スケジュールの都合で今回は見送る。

関空との間を2往復行ったり来たりして南海本線に戻りみさき公園に。
ここから短い支線の多奈川線に乗り換える。
大阪府内にもこんな場所があったのかと思える鄙びた景色の中、
わずか数分で多奈川に到着。
こはいかに、自動改札でモバイルSuicaが出場できない。
駅員氏によればりんくうタウンのコンコースで、
JRと南海乗り換えのためのカードリーダにタッチしていなかったことが原因との由。
そのまま乗り換えが可能と思っていたのでうっかりした。
南海分の運賃を現金で支払い、JR分はJR駅で処理してくれとのことだった。

Img_1669

和歌山市までの切符を購入してみさき公園乗り換えで和歌山市に到着。
これで南海本線を完乗。
紀勢本線で未乗だった和歌山市-和歌山を乗りつぶす。
片隅を間借りしたようなホームから和歌山までの2駅を移動。
2002年に亀山-多気に乗車してから12年で紀勢本線完乗となった。

和歌山の改札氏に説明してモバイルSuicaの処理をしてもらい一安心。
50分ほど時間があるので駅周辺をぶらぶら歩く。
市街地には細い路地に並ぶ商店街が目立ったが、
恒例のシャッター通りになっているところばかりだった。
そろそろ昼食時で、和歌山ラーメンの有名店井出商店があったが、
行列の長さから次の乗車に間に合いそうもないので回れ右する。
昼食は阪和線ホームの立ち食いうどんのかやくうどん270円で済ます。
安くて味の方はまずまず。

ここから王寺まで和歌山線約2時間半の旅だ。
車両は103系1000番台改造の105系2連。
もう改造後の車歴の方が遥かに長い。今年で30年になる。
常磐緩行線では後継の203系ですら引退してしまっているのだ。
JR西日本は古い車両を実に大事に使っている。

和歌山線は正直言って車窓の魅力に乏しく、平凡な風景に終始し、
寝不足も手伝ってたびたび睡魔に襲われてしまった。
それでもよく晴れて陽射しは明るく、新緑が眩しい5月に救われた。
寒々しい季節で天気が悪かったら気分が滅入ってしまったかもしれない。

和歌山からの乗客は橋本まででほとんど降りてしまう。
すっかり車内が入れ替わり、五條や吉野口で少しずつ増えて高田。
沿線でイベントがあったようでそれらしき集団が目立つ。
ここでもかなり出入りがあって王寺に到着して和歌山線完乗である。

桜井線の発車まで4分しかないので改札を急いで出入り。
こちらも和歌山線同様平凡な田園風景が広がるが、
歴史の古さを感じさせる旧家の数々は味わいがあった。

奈良でも奈良線への乗り継ぎ時間が短いので駆け足で階段を下る。
降り立つのは16年ぶりで高架化されてからは初めてだのに、
221系の快速に乗り込み慌ただしく立ち去ることとなった。
京都からのぞみで帰路についたことである。

|

« Nゲージのミニジオラマ製作 | Main | ふたたびシーナリィ・ガイドについて »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/59671712

Listed below are links to weblogs that reference 阪奈和鉄道めぐり:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/20 08:50) [ケノーベル エージェント]
和歌山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [Read More]

Tracked on 2014.05.20 at 08:51 AM

« Nゲージのミニジオラマ製作 | Main | ふたたびシーナリィ・ガイドについて »