« 乗りつぶしノート改訂版が発売 | Main | 国鉄時代vol.31が発売 »

江差線部分廃止を発表

JR北海道は北海道新幹線新函館開業後に飛び地の状態となる
江差線の木古内~江差間について2年後の春を目途に廃止検討していることを発表した。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC0300K_T00C12A9L41000/
http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2012/120903-3.pdf (PDF)

同区間は11年前のGWに往復乗車した。
江差が近づくと車窓に広がったきれいな日本海が印象に残る。
しかしながら乗客は少なく、上りは木古内駅で長時間停車し、
函館方面への接続もあまりよくなかったというのが正直な感想だ。

もともと24年前に廃止された松前線の方が、
木古内~江差間より乗客数が多かったと言われていたうえ、
この20数年で乗客数が6分の1にまで減少とのこと。
廃止は致し方ないのであろうか。
何とも残念である。

|

« 乗りつぶしノート改訂版が発売 | Main | 国鉄時代vol.31が発売 »

「鉄道」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/55575098

Listed below are links to weblogs that reference 江差線部分廃止を発表:

» 江差線木古内-江差間、2014年春に廃止か? [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 五稜郭と江差を結ぶJR北海道の江差線。このうち北海道新幹線の並行在来線に当たる [Read More]

Tracked on 2012.09.06 at 06:07 AM

« 乗りつぶしノート改訂版が発売 | Main | 国鉄時代vol.31が発売 »