June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

Link

AD



無料ブログはココログ

« 5年ぶりの北海道(2日目) | Main | 美祢線、9月26日から運転再開 »

5年ぶりの北海道(3日目)

早朝に目が覚めてしまった前日とは一転、8時近くまでゆっくり眠ることができた。
小樽市総合博物館見学のため、札幌駅へ向かう。
駅に到着するとどうしたものか、小樽行きの電車は30分以上待たなくてはならない。
頃やよしとばかりに構内のロッテリアで朝食を取る。
小樽までは前日もたどった道だ。
同じ区間を行ったり来たりするのは感心しないのだけれど、
スケジュールの都合で仕方がないことである。

前日同様に海側の席を確保し、美しい海岸線に見ほれる。
小樽に降り立ち、駅前通りの坂を下りてゆく。
ほどなく通りを横切る廃線跡が現れる。
北海道最初の鉄道路線、手宮線の跡である。
博物館は終点の手宮駅跡に建てられているため、
廃線跡を追っていけば博物館に着けるというわけ。
9年前は自由に歩けた記憶の廃線跡だが、
今は道路の交差部分に柵が設けられており、
立ち入ることが躊躇われたため、並行する道路を歩く。

駅から20分ほどで博物館に到着。
手宮口という裏口のような場所なので、入口はこじんまりとしていた。
中に入ると車両の展示場となっており、北海道で活躍した車両の数々が展示されている。
少しずつ修繕作業が進められているようだが、
海の近くで潮風に晒されるため、一部にはかなり状態が悪い車両もあった。
この中で何より貴重なのは、北海道限定というわけではないが、
幻の現金輸送車として全国を駆け巡ったマニ30である。
その役割上、現役時代は存在が伏せられていたため、
間近に見られることがうれしい。

ひととおり展示車両を見てから館内を見学する。
館内にも開拓時代の蒸機、しづか号と客車が展示されていた。
厳しい自然との闘いだった北海道の鉄道建設の歴史がうかがえた。
1890年代の手宮駅を再現したレイアウトがあった。
かなり広大な規模の駅だったことに驚かされる。

再び展示場に戻ると転車台でアイアンホース号が方向転換をしている最中だった。
1日3回場内を運転している。
運転時間が迫っていたのだが、写真を撮っているうちに客車が満員になってしまい、
乗車は諦めたことである。

1時間ちょっと館内を見学し、バスで小樽駅まで戻る。
2駅隣の小樽築港に向かい、駅前にそびえるSCウイングベイ小樽に入った。
かつての小樽築港機関区跡地に建てられているため、ホテルも内接した巨大なSCである。
ここに出店している魚一心という寿司屋が評判良いようなので、
昼食はここで取ろうと決めてあった。
しばらく待たされて店内に入る。
特握りのセットを注文。
うに、いくらに加えあわびもあって豪華なセットである。
北海道ならではの安くて旨い寿司を味わったことだった。

満腹になったところで札幌に戻る。
新千歳空港に向かう快速まで1時間以上時間があるので、
地下鉄に乗り込み大通公園に行く。
前日ホテルで見たローカル番組で、
公園名物のとうきびワゴンが存続の危機と伝えられていたのだった。
売り上げが全盛期の7分の1まで落ち込んでいる由。
焼きとうきびを味わうのもこれが最後になるかもしれないの思いだった。
買ってすぐは熱いので、公園をぶらぶらして少し冷ましてからかぶりついた。
香ばしく瑞々しくて美味しい。
名物がなくならないことを祈るや切。

まだ時間が余っているので帰りは歩いて札幌駅まで戻る。
それでもまだ時間があり、構内のドトールでアイスティーを飲んでから空港へ向かった。
快速に揺られながら、次に北海道を訪れることができるのはいつ頃のことだろうかと、
感慨にふけったことである。

001

004

012


« 5年ぶりの北海道(2日目) | Main | 美祢線、9月26日から運転再開 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

 おぉ、このSLは、うちの子がよく乗ったよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/52444246

Listed below are links to weblogs that reference 5年ぶりの北海道(3日目):

« 5年ぶりの北海道(2日目) | Main | 美祢線、9月26日から運転再開 »