« また一つ消える鉄路 | Main | 東北・関東地方の大地震 »

札幌-鹿児島中央日着可能に

今月12日に九州新幹線が全線開業となるのだが、
これにより札幌から鹿児島中央が鉄路だけで日着可能となる。
札幌を7時に出て、スーパー北斗、スーパー白鳥、はやて、のぞみ、さくらを乗り継ぎ、
鹿児島中央には23時17分到着となる。
途中ののぞみは臨時列車利用となるのだが、
定期のぞみを利用しても30分ほど遅れて鹿児島中央着となる。
ちなみに逆方向では東京および新青森の乗り継ぎがうまくいかず、函館までしか行けない。

あくまでも時刻表上のお遊びに過ぎず、実行する人はまずいないと思われるが、
日本の鉄道の歴史において画期的な出来事ではなかろうか。
今はなき「旅と鉄道」誌あたりなら、乗車記事を掲載していただろう。

ちなみに1982年の東北新幹線開業により、東京から札幌の日着が初めて可能となった。
故・宮脇俊三先生がこのことを指摘しており作品にも書いているのだが、
あれから29年でついに鹿児島まで到達したのかと思うと感慨深いものがある。

旅の終りは個室寝台車 (河出文庫)
宮脇 俊三
河出書房新社
売り上げランキング: 49874

|

« また一つ消える鉄路 | Main | 東北・関東地方の大地震 »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/51015518

Listed below are links to weblogs that reference 札幌-鹿児島中央日着可能に:

« また一つ消える鉄路 | Main | 東北・関東地方の大地震 »