« 神戸電鉄粟生線に存続の危機 | Main | NHK最長片道切符の旅ふたたび »

「カレチ」第1巻

昨年より講談社の週刊モーニングに不定期に掲載されている「カレチ」が、
1ヶ月ほど前に単行本化された。
昭和40年代後半の大阪車掌区を舞台に、新米カレチ(客扱専務車掌)荻野の奮闘振りを描いた作品である。

古き良き国鉄時代の鉄道風景の描写と、感動的なエピソードが満載で大好評。
最近になり購入し、読み進めていくうちに不覚にも何度も涙をこぼしてしまった。
マンガを読んで泣いたのは人生初めてだ。
歳のせいだろうか。

カレチ 1 (モーニングKC)
池田 邦彦
講談社
おすすめ度の平均: 5.0
5 思い出すことがいっぱい
5 非鉄道ファンも楽しめる人情物語
5 上質の短編小説を読んだかのような・・・
5 インパクトはないけど心に残る
5 昭和を思い出す作品

|

« 神戸電鉄粟生線に存続の危機 | Main | NHK最長片道切符の旅ふたたび »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

比較的良くできたショートストーリーを漫画にして統一感出してまとめたって感じで良く出来てますからねー(^^)
表紙からしてED74なんて存在忘れがちなカマ描かれてますし(^^)

Posted by: Noriyuki | 2010.01.30 at 10:07 AM

Noriyukiさん、ありがとうございます。
表紙にはニヤリとさせられてしまいました。
次の掲載が楽しみです。

Posted by: HIRO☆T | 2010.01.31 at 12:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/47398417

Listed below are links to weblogs that reference 「カレチ」第1巻:

« 神戸電鉄粟生線に存続の危機 | Main | NHK最長片道切符の旅ふたたび »