« 宮脇俊三先生さらなる新刊 | Main | 秋の南東北紀行 »

名松線部分廃止へ

今月上旬の台風18号で甚大な被害を受け、家城~伊勢奥津間が不通になっている名松線だが、
JR東海が同区間の廃止を沿線自治体に打診した。

http://jr-central.co.jp/news/release/nws000410.html

名松線は27年前にも台風により長期間不通となり、廃止の話が持ち上がった。
しかしながら沿線道路の未整備を理由に存続が決まったという経緯がある。
現在では道路も整備され、乗客も大幅に減少していることから今回の打診となった。

7年前に名松線に全線乗車したが、終点の伊勢奥津に近づくにつれ山深くなり、
確かに自然条件は厳しく感じられた。
伊勢奥津は静かな山里という感じで、好ましい雰囲気だったことを覚えている。
当日は天気がよくなかったので、
いつか晴れた日に再訪したいと思っていただけになんとも残念だ。

|

« 宮脇俊三先生さらなる新刊 | Main | 秋の南東北紀行 »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/46616659

Listed below are links to weblogs that reference 名松線部分廃止へ:

« 宮脇俊三先生さらなる新刊 | Main | 秋の南東北紀行 »