June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

Link

AD



無料ブログはココログ

« 九州ブルトレの最期 | Main | 北陸鉄道石川線部分廃止へ »

秋の烏山線

北関東の短いローカル線、烏山線が未乗のままだったので乗車してきた。
宇都宮で東北新幹線を降り、東北本線ホームの立ち食い蕎麦屋で昼食を終える。
2駅乗った宝積寺で烏山線に乗り換えである。

ホームではキハ40がエンジンを唸らせている。
気動車に乗るのも久しぶりだ。
昨年6月の左沢線以来ではなかろうか。
烏山線のキハ40は全てロングシートでぞっとしないが、
朝夕は宇都宮に乗り入れる列車もあり、通勤通学客で混雑するのだろう。
今は休日の昼過ぎとあり乗客はまばらだ。

沿線は平凡な田園風景と丘陵地帯で特筆すべきことはないが、
5年前に乗車した久留里線を思い起こさせる。
久留里線よりやや山深いようにも感じられた。
沿線一の名所ともいえる竜門の滝は、車窓からは上流にあたるため、
滝そのものを見ることはできない。
滝駅を発車してほどなく、川の流れる先にそれらしき段差を見かけるだけにとどまった。

宝積寺から35分ほどで烏山に到着する。
降りたのは自分も含めて3名ほどと寂しい。
木造駅舎を出ると、バス車庫、タクシー営業所、農業倉庫など、
鉄道模型のレイアウトのような静かな駅前だ。

国鉄のミステリー列車の元祖、銀河鉄道999号の目的地がこの烏山だった。
アンドロメダステーションとして飾り付けられ、
テレビの生中継まで行われたことが懐かしい。
もう29年も昔のことである。

折り返しの列車まで30分ほどあったので、
古びた街並みをのんびり歩き、再び車中の人となった。
宇都宮からの東北新幹線は三連休の最終日とあり、
通路まで立ち客で一杯だったが、
久々にローカル線に揺られ、大いに満足したことである。

« 九州ブルトレの最期 | Main | 北陸鉄道石川線部分廃止へ »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/42778129

Listed below are links to weblogs that reference 秋の烏山線:

« 九州ブルトレの最期 | Main | 北陸鉄道石川線部分廃止へ »