« 鉄道書籍あれこれ | Main | 2年ぶりの北海道 »

宮脇俊三先生没後5年

題記のとおりである。
本日より世田谷文学館で「宮脇俊三と鉄道紀行展」が2ヶ月にわたり開催される。
http://www.setabun.or.jp/exhibition/miyawaki/

貴重な資料が多数展示されるようだ。
ミヤワキストとしては必ず足を運ばなければなるまい。

また、長女の灯子さんによる「父・宮脇俊三が愛したレールの響きを追って」が10日に発売された。
昨日買い求めたが、まだ読んではいない。
灯子さんがこの世界に進出することについては賛否両論あるようだけれど、
先生の面影をたどる紀行文として楽しく読みたいと思う。

父・宮脇俊三が愛したレールの響きを追って
宮脇 灯子
ジェイティビィパブリッシング
売り上げランキング: 2782

|

« 鉄道書籍あれこれ | Main | 2年ぶりの北海道 »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/41816075

Listed below are links to weblogs that reference 宮脇俊三先生没後5年:

« 鉄道書籍あれこれ | Main | 2年ぶりの北海道 »