« April 2008 | Main | June 2008 »

NHK教育「趣味悠々」Nゲージレイアウト~ 最終回

NHK教育の趣味悠々、Nゲージレイアウト制作入門も今回で最終回となった。
レイアウトを楽しむ、ということで情景撮影、サウンドユニット、車載カメラ、夜景と、
様々な楽しみ方を紹介していた。
とりわけトミックスのパワー&サウンドユニットを使用した運転では、
三波氏、諸星氏ともに運転士の帽子をかぶってノリノリ。
あの機器はぜひとも欲しい一品だが、十数万円という価格ではなかなか手が出ない・・・

毎回楽しみに見ていたこのシリーズ、ぜひとも第3弾を期待したいところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本鉄道旅行地図帳1号

題記の鉄道地図帳が今月より毎月刊行されることとなった。
12号+別巻の13冊が予定されている。
1号の北海道編が発売されていたのでさっそく購入。
現役の路線のみならず、廃線の路線地図と駅名一覧まで掲載している。
道北、道東に多く見られた簡易軌道まで網羅されているのが圧巻。

しかしながら、廃線の地図と現役線の地図を見比べると、
北海道の鉄道網は完全にスカスカになってしまったことがよくわかる。
とりわけオホーツク海沿岸が何とも寂しい限り。
旧国鉄線だけでも天北、興浜北、興浜南、名寄、湧網、標津の各線が
この20数年で消えたのだ。

2号の東北編は6月18日発売予定である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHK教育「趣味悠々」Nゲージレイアウト~ 第6回

番組も今回で6回目の放送。
畳サイズのレイアウト製作が進んでいる。
スタイロフォーム(NHKなので固めの発泡スチロールという表現)のベースに、
石膏やプラスターで地形作りを行っていた。
昔はベニヤ板を山の稜線の形に切り出す方法がポピュラーだったが、
色々な製品も増えて便利な時代になった。

ところで上下二層式の線路をよく見れば、
上段はKATOのユニトラック、下段はTOMIXのファイントラックを使用している。
現在のNゲージの世界では、この両者が線路システムの2大ブランドであり、
個人でレイアウトを製作する場合、どちらかのシステムのみを使用し、
両者を併用することは通常ないように思われる。

公共放送では特定のメーカーに偏ることは許されないため、
このようなスタイルのレイアウトとなったのだろう。
NHKらしい配慮が伺われて、なかなか興味深い。

鉄道模型でつくる思い出の風景―Nゲージ・レイアウト制作入門 (NHK趣味悠々)

日本放送出版協会
売り上げランキング: 546
おすすめ度の平均: 4.0
4 低価格でわかりやすいレイアウト制作ガイド(放送見なくても全然OK)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »