« March 2008 | Main | May 2008 »

特急まりもが今夏の運転を最後に廃止

臨時列車化されながらも、札幌~釧路間を走り続けていた夜行特急まりもだが、
今年の夏の運転を最後に廃止されることが決まった。
http://www.sanspo.com/sokuho/080418/sokuho055.html

季節列車化されていた利尻、オホーツク(夜行)が、
先月のダイヤ改正で既に廃止されていたことを、恥ずかしながらはじめて知った。

これで道内のみを走る夜行列車は全廃されることとなる。
夕方東京を発ち、札幌から夜行列車に乗って道東や道北の地に降り立つ、
故・宮脇俊三先生が好きだったという旅のパターンは今夏が最後の機会だ。
一度も乗車したことがなかったまりもだが、
今年の夏にお別れ乗車できるかどうか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名鉄蒲郡線に存廃問題

近年、不採算路線を切り捨てている名古屋鉄道。
昨年末に広見線の部分廃止を沿線市町村に打診したニュースを当ブログでも紹介したが、
今度は蒲郡線に同じような話が持ち上がっているようだ。
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=23166&categoryid=1

蒲郡線は2003年12月、翌年廃止予定の三河線末端部を乗車した帰りに初めて乗った。
既に夕暮れ時となっており、あまり車窓は眺められなかったのだが、
港町を結んでいくのんびりした路線だったように思う。

名鉄では今年の暮れにモンキーパークモノレール線の廃止を予定しており、
蒲郡線についても今後の動向が見逃せない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHK教育「趣味悠々」Nゲージレイアウト~ 第2回

Nゲージレイアウト製作講座の第2回が放送された。
A3版のパネルに小レイアウトを作成するという、
初心者にも取っ付き易い内容はなかなか。
見た人は今すぐレイアウトを作りたくなってしまうのではないだろうか。
今後のレイアウト製作の進展が楽しみである。

一つ気になったのは、製作例で使用されているトミーテック製の
街並みコレクションや建物コレクションのストラクチャーに品切れの製品が多いことだ。
これらのシリーズは稀に再生産されるものの、
基本的には発売直後に入手しないとそれっきりになってしまう。
初心者が模型店に買いに行っても品切ればかりでは困惑するのではないか。
以前から指摘されている車両同様に、メーカには安定供給を期待したいところなのだが、
現状では無理な話か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よみがえる「最長片道切符の旅」

故・宮脇俊三先生の名著「最長片道切符の旅」。
その取材ノートをベースにした本が出版されることとなった。

『最長片道切符の旅』取材ノート
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/r0332288
http://www.bk1.jp/product/02980122
http://item.rakuten.co.jp/book/5555923/

近年、宮脇先生作品の研究で名高い原武史教授が監修するようである。
原作は昭和の風土、国鉄時代の鉄道風景の貴重な記録でもあり、
今回の取材ノートでその当時の様子がさらに克明に浮かび上がってくるであろう。
発売がなんとも待ち遠しい。

なお、「最長片道切符の旅」もこのたび復刊されるようである。
オリジナルの単行本と新潮文庫版を持っているが、また買ってしまいそうだ。

「最長片道切符の旅」取材ノート
宮脇 俊三
新潮社
売り上げランキング: 3864
おすすめ度の平均: 5.0
5 興味深い旅日誌
5 取材ノートというより、すでにこれは紀行文。素敵な旅のスケッチ。

最長片道切符の旅
最長片道切符の旅
posted with amazlet at 08.04.20
宮脇 俊三
新潮社
売り上げランキング: 44606

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »