« さよなら僕らのブルートレイン | Main | 名鉄にまた不穏な動き »

国土交通省が地方鉄道支援へ

一昨日のニュースになってしまうのだが、
国土交通省が法改正により、赤字に悩む地方鉄道を支援する動きがあるとのこと。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071205i301.htm

メインになる新たな上下分離方式は、インフラ部分を自治体が保有・維持し、
鉄道会社は運行のみ行うというもの。
少し前の報道にあったのだが、若桜鉄道がこの方式で鉄道存続を図る模様だ。

しかしながら、道路は国や自治体に整備してもらっていたバスですら、
地方の路線は赤字で次々縮小しているのが現状であり、
この新たな方式を採用しても、赤字に苦しむ鉄道路線が出てくるのではないかという危惧がある。
それでも地方の鉄道路線を維持していくための新たな施策の登場は喜ばしい。

規制緩和により鉄道廃止が届出制になって以降、急速にローカル線の廃止が進んだ。
今回の動きは遅過ぎたような気がしないでもない。
失われた鉄道は二度と戻ってはこない。

個人的な話になってしまうのだが、
中学2年の夏休みの思い出が詰まった、若桜鉄道が存続に向かっているのが何よりだ。

|

« さよなら僕らのブルートレイン | Main | 名鉄にまた不穏な動き »

「鉄道」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/17300756

Listed below are links to weblogs that reference 国土交通省が地方鉄道支援へ:

« さよなら僕らのブルートレイン | Main | 名鉄にまた不穏な動き »