June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

Link

AD



無料ブログはココログ

« May 2007 | Main | July 2007 »

街並みコレクション第6弾を購入

タイトルにあるとおり、第6弾甲州街道を鉄道模型店で買ってきた。
最初は12個入りのBOXを買うつもりで店に入った。
しかしながら、雨が降っていたため荷物がかさばるのが嫌という
つまらない理由によりバラで6個を購入。

帰ってさっそく中身を確認する。
庚申塔のある旅籠、土壁の蕎麦屋、トタン葺きの旅籠、街道沿いの茶屋、
とここまではよかったのだが、道祖神と蔵がダブってしまった。
そのため、ナマコ壁の醤油屋が入手できなかった。
開封売りの店かオークション利用で入手しようと思う。

ダブった蔵は黒屋根と灰屋根で色違いなのは幸いである。
複数あってもいいタイプの建物なので、放出などせず大事にしようと思う。
そうなると、旅籠や蕎麦屋も色違いがもう一軒くらいあっても・・・などと考え出してしまう。
面倒くさがらず、最初から12個入りBOXを買えばよかったと後悔することしきり。

何度も書いているようだけれど、
これらを活かせるレイアウトを作れるのはいつの日になることやら・・・

街並みコレクション 第6弾 甲州街道編 12個入りBOX
トミーテック (2007/06/28)
売り上げランキング: 8489

めざましテレビで鉄道ネタ

今朝のめざましテレビの芸能コーナーで、珍しく鉄道の話題が紹介された。
最近エンターテインメント界に鉄道の進出がめざましいとの由。

特急田中3号、鉄子の旅、仮面ライダー電王となぜか他局の番組ばかり紹介された後、
中川家礼二氏、石原良純氏のインタビューや鉄道ファンの有名人の紹介、鉄道ファンの分類などなど。
さらには以前も紹介した鉄道アイドル木村裕子さんにスポットを当てていた。
彼女の部屋をリポートした遠藤玲子アナ(木村さんと同い年らしい)は、その鉄分の濃さに唖然としていたよう。
そしてフジテレビからは堺アナウンス室長が登場。
JR東日本の新幹線、特急のアナウンスでおなじみの美声を披露した。

このところ、あちこちで鉄道関連の話題が取り上げられることが多い。
その多くは当たり障りのないようなものに過ぎないけれど、
一過性のブームなどに終わらず、鉄道に親しみを持つ人々がどんどん増えていってくれたらと思う。

初夏の左沢線

実に5ヶ月ぶりとなる乗り鉄である。
JR東日本エリアの未乗区間も少なくなり、今回はその中の一つ、左沢線に乗る。
いつの間にか改札内に移転していた東京駅の旨囲門で、郡山駅弁の豚肉の女将漬辨當を購入。
つばさの車内で箸を使うが、味噌ベースのタレに漬け込んだ豚肉が実に美味であった。

東北新幹線の車窓はあまり面白みがないが、福島からは奥羽本線そのものを往くため、
板谷峠など魅力ある車窓に事欠かない。
首都圏と比べると空気が澄んでいるからだろうか、空の青さ、木々の緑の眩しさが違うように思える。
東北の風景は実に清々としている。

2時間半以上かけて山形で下車。
左沢線の列車には時間があり、駅前をぶらぶら歩く。
以前山形に降り立ったのは2001年2月の雪が降り積もった時期でもあり、
足を滑らさないように注意深く歩いたのを昨日のことのように思い出す。
あれから6年も経ってしまったとは信じられない気がする。
その時と同じように、ホームの立ち食い蕎麦をすすってみた。
味は思い出せなかった。

左沢線のディーゼルカーは4両と、今のローカル線にすれば長めの編成ながら、
ロングシートはほとんど埋まっていた。
時刻は15時を過ぎていることもあり、西日対策なのかほとんどのカーテンが閉められていて、
ドアの窓から何とか外を眺めざるを得ない。
ちょうど1週間前はC11が走るとあって賑わったようだけれど、
今は普段着のローカル線に戻っている。

沿線はしばらく山形市の住宅街が続いた後、田んぼとさくらんぼを中心とした果樹園が広がる。
基本的には平凡な車窓風景であるが、やはり今がシーズンのさくらんぼの赤い実がよく目立つ。
寒河江で大量に乗客が下車し、車内はすっかり閑散とした。112_1207
頃やよしとばかりにカーテンを開けて車窓を楽しむ。
ずっと平坦な区間を走ってきたのだが、終点の左沢が近づくとやや高いところを走り、
沿線唯一のトンネルもくぐった。
左手に大きく蛇行する最上川を見下ろす。
平凡な車窓の左沢線では一番の見所ではないだろうか。
列車はそのまま左沢駅に滑り込んだ。

駅舎は5年前に大江町交流ステーションを併設したものに建替えられて小奇麗である。
折り返し時間が10分しかないので駅前を一回りしただけで列車に戻る。
山形までの帰りは、やはり寒河江を境にクラブ活動帰りの高校生など、乗客数が急増。
立ち客も見られるような状況で山形に着いた。

3時間前の列車に乗っていれば、このまま仙山線で仙台に出て、
東北本線の未乗区間である槻木~福島も乗ることができたのだが、
今朝は頭が重くて早い時間に起き上がる気力がなかったため、左沢線の乗車のみでトンボ帰りである。
それでも久々の鉄分補給に満足して、つばさで帰路についたことだった。

JR不通区間の復旧続々

台風等の災害で長期間不通になっていたJRの路線が今月より次々と復旧する。
6/16には三江線、6/30には越美北線が全線で復旧。
9/8には高山本線の角川~猪谷間も復旧の予定である。
越美北線と高山本線は実に3年もの間にわたって一部区間が不通となっていた。
橋梁がいくつも流されるなど、復旧に時間がかかるというのも理解できるのだが、
あまりにも長過ぎたのではあるまいか。

「鉄子の旅」出発進行スペシャル

CSのファミリー劇場にてアニメ「鉄子の旅」が今月24日から放送される。
原作のマンガ「鉄子の旅」は国内のJR・私鉄全駅下車を成し遂げた横見浩彦氏と、
鉄道に興味のない女性マンガ家キクチ女史との珍妙な道中を描いたものである。

そのマンガは神保町の書泉グランデで何度か立ち読みした程度だったのだが、
今回のアニメはなかなか楽しみである。
幸いなことに今年よりファミリー劇場を見られる環境になったこともあり、
(Jリーグ中継のためにe2byスカパーに加入した)
楽しみに待つこととしたい。

そのPR番組ともいえる題記の番組だが、
冒頭でくりはら田園鉄道や鹿島鉄道最終日に横見氏が出没する模様を放送。
ナレーションでは上記2路線のディーゼルカーを電車と連発していたのがやや興ざめであった。
その後、車掌DJ氏や鉄子アイドル豊岡真澄さんを交えた出雲旅行を紹介。
原作を描いているキクチ女史が終始顔を隠されていたのが気になった。
アニメは宇宙戦艦ヤマトと銀河鉄道999くらいしかまともに見ていない人間ではあるが、
放送には期待したい。

ちなみに鉄子の旅では【Fe】という鉄道コミュニティを開設しており、
僕ももちろん参加済みである。
http://tetsuko.jp/index.php

« May 2007 | Main | July 2007 »