June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

Link

AD



無料ブログはココログ

« 湘南モノレールと小田急江ノ島線 | Main | ドイツW杯開幕 »

弥彦線に乗り彌彦神社へ

土曜日の天気予報は思わしくない場所が多いが、
新潟地方に晴れマークがあるのを見て上越新幹線に飛び乗った。
昼食用の駅弁は旨囲門で購入した米沢のすきやき弁当である。
割と歴史のある弁当だが、今は石灰で温まるタイプも発売されている。

しとしとと雨の降る関東平野を抜け、国境のトンネルを出ると、110_1013
雲は多いものの青空が見え、陽射しもしっかりとあった。
5年前に上越線に乗ったときに感動させられた、
残雪をかぶった越後山脈と、その姿を映し出す田植え直後の水田も楽しめて何より。

長岡で上越線に乗り換える。
沿線は水を張った水田が続く。
個人的にはこの時期が日本の田園風景で最も美しいのではないかとも思う。
水と緑が美しい日本の国土をかたちづくってきたのだ。
それを考えれば水の恵みをもたらしてくれる雨を毛嫌いするわけにはいかないのだけれど、
鉄道の車窓を楽しむ時はやっぱり晴れてくれた方がいい。

未乗だった弥彦線に東三条で乗り換える。
115系の4両編成と長めの列車だったのが意外だった。
駅を出るとしばらく高架線上を走るのにも驚かされた。
9年前に東三条~燕三条間が高架化されたとの由。
ゆったりと流れる信濃川を渡る。
燕三条の薄暗い高架下の雰囲気は、陸羽東線の古川を思い出したことである。

吉田で弥彦行きに乗り換える。
こちらは2両編成のワンマン運転だ。
目の前に立ちはだかる弥彦山に向かって突き進んでいく。
山の麓まで来たところで左にカーブして終点の弥彦駅に到着。
全長が17キロ程度の路線なので、あっけなく完乗してしまった。

空にはかなり雲が増え、陽射しも弱々しくなったけれど、
そのままUターンするのは名残惜しく、彌彦神社に参拝することとした。
弥彦駅舎は神社を模したデザインでユニーク。
さて、駅前には廃墟のホテルと旅館が左右に対峙している。
これには感心しないが、その先は営業中の旅館や土産物屋が立ち並んでいた。
坂を登り、2回ほど角を曲がると門前町兼温泉街の街並みが広がる。
前方に赤い鳥居が見えた。

駅から15分ほど歩いて鳥居の前に来た。110_1021
中に入ると鬱蒼とした杉林が参道を取り囲む。
相当の年数が経っているようで、かなりの高さである。
湿気が多く蒸す気候だが、参道はひんやりとしていて身が引き締まる。
手と口をすすぎ、参拝する。
昔はこういったものに関心がなかったのだが、
歳をとるにつれ信心深くなってしまったようである。

すっきりと晴れていればロープウェーで弥彦山に登ろうと思っていたのだが、
完全に曇ってしまったので気持ちが萎え、そのまま弥彦駅に戻る。
親鸞聖人の清水などを見ながらのんびり駅まで戻った。
それでも1時間近く時間がある。
駅に隣接する弥彦公園を散策するなどして過ごした。

ようやく電車に乗り込み、吉田で乗り換えた。110_1024
越後線でこの駅を訪れたのは去年6月のこと。
もう1年近く経ってしまったわけで、何度も書いているように1年が本当に早い。
燕三条で下車して上越新幹線に乗る。
来月当地で白根大凧合戦が行われるとのことで、
駅構内にいくつも大きな凧が展示され、なかなか迫力があった。
それらを眺めながらホームに上がり、Maxときで帰路についたことだった。

« 湘南モノレールと小田急江ノ島線 | Main | ドイツW杯開幕 »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

私はこの辺りを乗り潰したのは約6年前でしょうか。
土日ではなかったので周遊きっぷの越後・新潟ゾーンを利用しました。
当時はまだ新幹線も周遊区間に含まれていて利用できました。

弥彦駅といえば正社員の駅員の他に観光駅長(地元のミス観光協会?)がいたのを覚えています。
今でもいるのでしょうか。

どうもです。
観光駅長は3年ほど前に終了したようですね。
以前はなかなか華やかだったようで。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/10270485

Listed below are links to weblogs that reference 弥彦線に乗り彌彦神社へ:

« 湘南モノレールと小田急江ノ島線 | Main | ドイツW杯開幕 »