« JR九州完乗の旅(4日目) | Main | 交通博物館、閉館 »

Nゲージブームの思い出

以前ブルートレインブームのことを書いたが、
そのブームを引き継ぐような形でNゲージブームというものがあった。

僕がNゲージの車両を買ったのは小学校5年の夏休みのことだった。
当時同じクラスには、ほかにNゲージの車両を持っている者はいなかったように思う。
他のクラスに一人か二人いることは確認していた。
それから半年以上経ち、6年生になる頃には同じクラスや他のクラスを含め、
10数人がNゲージャーとなっていた。
僕の家で一緒に遊んでいた仲間もいたが、
あまり関わりのなかった者たちにも浸透して、いつの間にかその数が増えていったのだ。
全国各地でも同じような状況が展開されていたのだろうか。

パワーパックやレールは持っておらず、車両を数両持っているだけの者が多かったが、
仲間の家に集まり、車両やレールを持ち寄って走らせたことを思い出す。
小学生のわずかな小遣いでは、みんなの車両を合わせてもまともな編成にはならず、
電車や客車、貨車がごちゃまぜだったりした。
それでもあの頃は十分楽しかった。

しかしブームはあまり長続きせず、小学校を卒業する頃には、
車両を数両持っている程度だった者たちはその車両を手放し、
結果として僕のもとに先頭車だけの電車や1両だけのブルートレインが集まることとなった。

学区の関係で同じ中学校に進んだ仲間があまりおらず、
同好の士が中学校では見つからなかったが、
模型鉄のほか、乗り鉄、撮り鉄を堪能し、充実した毎日を送った。

やがて中学校を卒業し高校に入る頃になると、鉄道ファンでない友人の影響で、
音楽など別の趣味が中心となり、鉄道模型も実物の鉄道からも興味が離れていった。
すっかり大人になってから趣味が復活するとは、まさか思いもよらなかったことである。

|

« JR九州完乗の旅(4日目) | Main | 交通博物館、閉館 »

「趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/10046349

Listed below are links to weblogs that reference Nゲージブームの思い出:

« JR九州完乗の旅(4日目) | Main | 交通博物館、閉館 »