June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

Link

AD



無料ブログはココログ

« JR九州完乗の旅(3日目) | Main | Nゲージブームの思い出 »

JR九州完乗の旅(4日目)

いよいよJR九州完乗の日である。
高見馬場電停から市電に乗り、鹿児島中央駅前で下車する。
ここは軌道敷に芝生が植えられており、ヨーロッパの路面電車のようで美しい。
109_0993

発車間際だったので九州新幹線つばめは通路側の席だったが、
元々車窓に期待できない路線なのでまあよし。
木製シートに西陣織のモケットなど落ち着いた内装が好感触。
川内のみ停車の列車なので、あっという間に新八代に着いてしまった。

これでJR北海道に続き、JR九州も完乗となったのだけれど、
自由席だったので慌しく向かい側ホームのリレーつばめに乗り込むほかなく、
感慨に浸る暇もなかったことである。
できれば前日の志布志駅あたりで完乗したかったというのは贅沢なのかもしれない。
九州には延べ8回の訪問での達成となった。

結局リレーつばめでは座れず、熊本まで20分ほどをデッキで立って過ごした。
つばめとそれを受けるリレーつばめの座席数のバランスはきちんと考慮されているのだろうか。
小さい子供のいる家族連れもデッキで立たされていた。
GW中の五連休最初の日という混雑がピークの時期とはいえ、いかがなものか。
JR九州には苦言を呈しておく。
僕が熊本で下車したとき、そこから乗車しようという乗客が長い列を作っていた。
すぐに階段を上がってしまったので未確認だが、あの列が全員乗り切れたのかどうか。

その熊本駅であるが、ホーム横に立っていた煉瓦造りの機関庫がすっかり解体されていた。
九州新幹線工事に伴うものである。
がらんとした更地がわびしかった。

そこから普通列車に乗り換えて上熊本に降り立ったが、109_0996
こちらの明治以来の木造駅舎も既に解体されてしまっていた。
一昨年放送のNHK「最長片道切符の旅」でも紹介されたのだが、何とも残念である。
旧駅舎の一部の部材は隣接する市電電停の上屋に転用予定との由だが、完全保存してもらいたかった。

ここからは熊本電鉄を完乗する。
かつては菊地まで走る路線だったが、20年前に御代志までの半分ほどの距離に短縮された。
上熊本駅で待っていると元東急の5000系を両運転台化した車両が現れた。
北熊本までの間を単行で運行しているようである。
沿線は住宅街が切れ目なく続くが、途中駅での乗り降りもあまりないまま北熊本に着いた。

北熊本から乗り換えた電車は妙に懐かしい。110_1002
かつて都営三田線で走っていた元東京都交通局6000形の電車であった。
勾配区間と小さなカーブがいくつも続き、車輪を軋ませながらのろのろ走る。
並行する道路を走る自動車が追い抜いていくのが切ない。
地下鉄線内を快走していた時代から思うと、あまりにかけ離れた第二の人生であった。

次第に緑が多くなり、のびやかな景色が広がる。
今日はよく晴れ、汗ばむ陽気だ。
終点の御代志に到着する。
無人駅でホームの片側を鉄道、別の側をバスが使用している。

再び北熊本まで戻り、20メートル級の元地下鉄車両が走るのが信じられないような、
狭い道路の併用区間を通り、藤崎宮前駅に到着した。
パチンコ屋に庇を貸して母屋取られる状態なのが空しい。
熊本電鉄LRT化計画の記事を以前書いたのだが、
行政の支援を受けられなければ鉄道廃止というかなり切羽詰ったもののようだ。
沿線は熊本の住宅街を結んでおり、
LRT化で利便性向上を図れば乗客増も期待できるのではないか。
実現できることを願ってやまない。

熊本での残りは熊本市電の未乗区間、通町筋~健軍町に乗ることである。
その前にちょうど昼時でもあり、
藤崎宮前駅からほど近い著名な熊本ラーメン店こむらさきでラーメンの昼食とした。
豚骨スープではあるがそれほどくどくなく、以前札幌で食べたとん塩を思い出した。

アーケードを歩いて通町筋電停から市電に乗り込む。
床が木製の古びた電車であった。
広い通りに市街地が延々と続く。
かつては福岡を上回る九州第一の都市だったことがうかがえる。
現在JFLのロッソ熊本とJ1アビスパ福岡が対戦する日を楽しみにしたく思った。

健軍町もなかなかの繁華街で熊本の市街地は奥が深い。
電車を1本見送ってやってきたのは2000年暮れにも乗った低床式電車である。
低い視線から街並みを眺められるのが楽しい。
しかし同じ区間を折り返すとあって、時折りうとうとしながら過ごしてしまった。

熊本駅前で下車し、ラーメン店のはしごをすべく駅近くの黒亭に向かったが、
十数人の行列を見てしまい、すぐに回れ右した。
2000年暮れに訪れた時には待たずに入れたくらいなのだが、
この5年余りで何かあったのか。さすがにGWということなのか。
色々考えながら駅に戻り、特急有明で博多まで運ばれた。

博多駅前は博多どんたく会場として賑わっていた。
説教大好き武田鉄也率いる海援隊がステージに登場し、母に捧げるバラードを歌っていた。
その歌がバックに流れる中、空港に向かって地下鉄の階段を下りたことである。

« JR九州完乗の旅(3日目) | Main | Nゲージブームの思い出 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

JR九州完乗おめでとうございます。
JRの他にも民鉄、3セクもいろいろ乗り潰されたようで充実のGWの旅だったようですね。
私の九州完乗はいつになることやら…。

どうもです。
当初は甘木鉄道も乗る予定でしたが、
ちょっとスケジュールがきつくなり割愛しました。
九州内の3セクは平成筑豊、甘木、南阿蘇、くま川と
点在しており、一度には乗れそうもないです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/9890195

Listed below are links to weblogs that reference JR九州完乗の旅(4日目):

« JR九州完乗の旅(3日目) | Main | Nゲージブームの思い出 »