« March 2006 | Main | May 2006 »

JR九州完乗の旅(1日目)

羽田からのジェットはやや遅れて福岡空港に到着。
空港内の店でうどんの昼食とし、地下鉄で天神に出た。
コインロッカーに荷を預けて身軽になり、再び地下鉄で貝塚に向かった。
部分廃止が発表された西鉄宮地岳線を8年ぶりに再訪する。

貝塚を発車した2両編成の電車は車内がぱらぱらと埋まる程度。
西鉄香椎付近の高架化工事はほぼ完成しており、来月中旬から切り替わるようだ。
部分廃止後の終点となる西鉄新宮を過ぎても、さらに住宅地が続いている。
西鉄古賀付近にはマンションも目立ち、とても廃止対象区間とは思えない
(並行するJR鹿児島本線の古賀駅の近さを後で知ることになるが)。

しかし乗客はどんどん減っていく。109_0919
終点津屋崎の一つ手前の宮地岳で数人が下車すると、車内は僕を含めて2人だけになった。
日中でも13分間隔という本数の多さを考えると、
一列車あたりの人数は少なくなるのかもしれないが、GW中の日曜の午後としてはやはり少ない。

周辺に住宅はそこそこあり、それほどJRに流れる数が多いのか。
それともマイカー利用が中心になっているのだろうか。
宮地岳線はもはや住民から見放されてしまっているのかもしれない。
のどかな津屋崎駅に到着し、駅のそばに「電車延長記念」と彫られた古い石碑を見たとき、
なんだか寂しい気分に包まれたことだった。109_0920

津屋崎駅からほど近い砂浜をのんびり歩く。
とても明るく晴れた日だったが、気分は複雑である。
駅まで戻り切符を買う。
委託されたおばさんが小さな売店から出改札まで一人で切り盛りしているのも、
8年前と変わりなかった。

帰りは西鉄古賀駅で下車し、JRの古賀駅まで歩く。
住宅やマンションが立ち並んでいる。
10分足らずで着くほど近い距離であった。
確かにJRの方が利便性が高いのかもしれないが、
最初から競争をあきらめているかのような西鉄はいかがなものか。

博多経由で天神に戻ると既に夕刻になっていたので、ひとまず天神のホテルにチェックインする。
改めて天神南まで歩き、地下鉄七隈線に乗車する。
将来の延伸計画の関係かもしれないが、天神からは数百メートル離れていて不便である。
4両編成のやや小ぶりな電車はほとんどの席が埋まるが、
乗客はどんどん減っていき、終点の橋本に着く頃には10人も乗っていなかった。
まるでさきほどの宮地岳線のようであった。

地上に上がったが、周囲は発展途上という雰囲気だった。109_0930
橋本は車両基地のための駅なのだろうか。
どうにも中途半端な終点という感じは否めない。
帰りの電車も橋本から乗ったのは僕も含めて3人ほど。
途中でいくらか乗ってきたが、苦戦が伝えられる七隈線の現状を垣間見た思いだった。

天神南からキャナルシティまで歩き、ラーメンの夕食後、
雰囲気のある上川端商店街をのんびり歩いてホテルまで戻った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR九州完乗の旅(前夜)

明日から3泊4日の日程で九州へと出かける。
タイトルのとおり、JR九州の一部未乗線である久大、日豊、日南、
全線が未乗の九州新幹線に乗り、JR九州を全線完乗するものである。
このほか、福岡市交通局、西日本鉄道、甘木鉄道、
熊本市交通局、熊本電鉄を完乗する予定だ。
天気はずっと良いようでなにより。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふるさと銀河線最後の日

北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線は今日20日で最後の日を迎える。
地元住民など多くの乗客を乗せ、お別れ式が行われた。

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060420&j=0022&k=200604201355

僕自身は昨年夏に乗車したのが最後となってしまった。
平凡ではあるけれど、美しい車窓風景が昨日のことのように思い出される。
過疎化、少子化の波には勝てなかったのか。何とも残念でならない。

しかし線路が完全になくなってしまうわけではない。

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060418&j=0023&k=200604180792

陸別町は陸別~川上間を公園化したうえで、
春から秋の休日を中心に、999のラッピング車両を走らせる構想を打ち出している。
鉄道事業法の運送に該当しないということから、
公園・遊園地内の遊戯施設という位置付けになるのだろうか。
継続していくためにはいろいろな障害もあるとは思うが、
末長く運行されることを願ってやまない。
いつかきっと陸別町を再訪したいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「シーナリィ・ガイド」について

「シーナリィ・ガイド」は月刊鉄道模型趣味の別冊として、
1974年に発売された書籍である。
鉄道模型のレイアウト作成の参考用資料として同誌に掲載された、
実物の鉄道風景を集めた内容となっている。
蒸気機関車が全盛だった時代の貴重な写真、記事が満載だ。
駅舎、跨線橋、機関庫など、さまざまな鉄道施設が取り上げられているほか、
車窓風景がなんとも懐かしく、美しい。
とくに国鉄名松線、国鉄若桜線(現・若桜鉄道)や
今はなき国鉄川俣線、西大寺鉄道の記事に強く惹かれる。
欲を言えば、写真がもうちょっと鮮明なものだったらと思うが、
さすがにそれは贅沢な注文であろう。

30年以上前に出版された本であり、残念ながら現在は絶版となっている。
現在でも人気は高く、秋葉原の某模型店では定価の5倍で売られているようだ。
小学生の頃に購入して以来、何度となく読み返してすっかりぼろぼろになってしまったため、
もし再販の機会があれば購入したいのだが。
その時は若い鉄道ファンにもぜひ読んでもらいたい一冊である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

街コレ第5弾を大人買い

先日発売された「街並みコレクション第5弾」。109_0914
8種類すべて集めたいので、8個入りのケースごと購入してしまった。
これが所謂大人買いというやつなのだろうか。
すべて開封してみたが、ダブりはなく8種類コンプリートでなにより。
駅前旅館、銀行、消防署、劇場、ビル、銭湯と、建物は6種類であるが、
銀行と劇場が2パターンあるため8つのバリエーションとなる。

2割引の店だが、8個で4000円あまりとなった。
あわせて予約済みのTomix キハ55(一段窓)セット、キハ26(バス窓)T、キユニ26を引き取ってきたことである。

街コレも第1弾から第5弾まで集め続けていると、保管場所に頭を悩ませ始める。
早くレイアウトが作れるようになればいいのだけれど。

街並みコレクション 第5弾 BOX
トミーテック (2006/03/18)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »