« 80年代、テクノな頃 | Main | 鉄道模型店の思い出 »

SLあぶくま号

SLあぶくま号は今日と明日の2日間、磐越東線のいわき~郡山間を往復する。
下りの列車にいわきから乗った。
1号車の客車はスハフ32である。107_0735
木製ニス塗りの車内がなんとも良い雰囲気だ。
カーテンなどはなく、窓にはよろい戸が備え付けられている。
戦前、昭和13年製造の大ベテランである。
67年間も大切に使われてきたのだ。

窓を開けてさわやかな風を浴びる。
いい天気に恵まれてなにより。
田植えの終わった田んぼが水をたたえて美しく光る。
トンネルに出入りするたびに窓を開け閉めするのが、面倒だけれど楽しい作業だ。107_0745
汽車旅の楽しさを改めてかみしめる。

谷間にC11の汽笛が響く。実に美しい調べだ。
蒸気機関車というのは、機械というよりも生き物だと思える。
力強い走行音に感動したことである。
そんな走りに魅せられて、沿線にはギャラリーがいっぱいである。

途中駅でしばしば10~15分ほど停車する。
大越駅では地元の特産品などを販売していた。
名物のけんちんうどんを200円で買い、ホームでかきこむ。
素朴な味わいでおいしかった。
107_0752
郡山まで3時間47分もかけてのんびり走った。
通常の列車は1時間40~50分ほどで走る道のりである。
磐越東線は夏井川渓谷を除けば、比較的平凡な車窓風景なのだけれど、
まったく退屈せず、時間が非常に短く感じられた。
乗っている人々はもちろん、沿線で見送る人々も実に楽しそうな表情をしていたのが印象的だった。

|

« 80年代、テクノな頃 | Main | 鉄道模型店の思い出 »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/4224647

Listed below are links to weblogs that reference SLあぶくま号:

« 80年代、テクノな頃 | Main | 鉄道模型店の思い出 »