June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

Link

AD



無料ブログはココログ

« 西九州鉄道乗りつくしの旅(1日目) | Main | 西九州鉄道乗りつくしの旅(3日目) »

西九州鉄道乗りつくしの旅(2日目)

今日は島原半島をぐるりと一周した。
朝のうちはどんより曇っていた天気も昼頃より回復し、
気持ちよい晩春の一日となったことである。

佐賀から乗った特急かもめは、肥前山口を出ると有明海沿いを走る。
晴れていれば最高の景色なのだが、やむを得ないだろう。
諫早で降りて、島原鉄道に乗り換える。
車内はさらりと埋まっており、通路側の席しか確保できなかったが、
車窓はそこそこ楽しむことができた。
島原-深江間で運転されているトロッコ列車にも乗った。
雲仙普賢岳の災害の大きさと、そこからの復興ぶりを目の当たりにすることができた。
島原市内で武家屋敷や島原城を見学。
名物の具雑煮を食べた後、廃止も噂される島原鉄道の末端部を単行のディーゼルカーに揺られた。
終点の加津佐は海沿いのこじんまりとした街だ。
すぐそばに海水浴場があり、諫早行きのバスを待つ間、海を眺めながらのんびりとした。

島原半島西側のバス路線は大部分が海沿いを走り、
かなり高いところから海岸線を見下ろすなど、アップダウンも目立つ。
このあたり鉄道の車窓とは一味違った魅力がある。
のびやかな海を一日堪能した。

夕方の渋滞に巻き込まれたため、予定していた長与経由の列車には間に合わなかった。
この結果、4日目のスケジュールが狂ってしまい、平戸を訪れることが不可となった。
あくまでも今回は鉄道がメインなので仕方ないだろう。

その後に出る新線経由の特急かもめに乗る。
本来ならば、今回は乗る機会がなかったはずの885系に乗車することとなった。
既に色々なところで語られているように、レザーシートにフローリングの床はゴージャスである。
新線を飛ばしまくって長崎に到着。
長崎は初めて訪れる。
神戸あたりで見慣れているとはいえ、斜面にびっしりと貼りつく家々が印象的だ。
明日は一日長崎市内で過ごす予定である。

« 西九州鉄道乗りつくしの旅(1日目) | Main | 西九州鉄道乗りつくしの旅(3日目) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/3955094

Listed below are links to weblogs that reference 西九州鉄道乗りつくしの旅(2日目):

« 西九州鉄道乗りつくしの旅(1日目) | Main | 西九州鉄道乗りつくしの旅(3日目) »