« February 2005 | Main | April 2005 »

また一つ消える鉄路

数日前のニュースになってしまうのだが、
北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線の廃止が正式に決定した。
http://www.tokachi.co.jp/kachi/0503/03_27.htm

天北、名寄、池北、標津のいわゆる長大4線のうち、
池北線だけが3セクの鉄道路線としてゆいつ生き延びた。
地元出身の代議士の力が大きかったという噂があるけれど、真相は定かではない。
長大4線の他3路線の末路を考えれば、
転換当初より厳しい環境が続いてきたであろうことは想像に難くないが、
廃止はつくづく残念である。

この線には3年前の夏に乗車したが、天気がよくなかったうえにロングシートの隅に押しやられて、
車窓もあまり眺められなかったため、ぜひとも再訪をと考えていた。
翌年再び乗るはずだったのだが、直前に通過した台風により不通となってしまい、
結局乗れずに終わってしまった。
北海道の路線にしては車窓は平凡で、特筆すべきところもなかったのだけれど、
のんびりした田園風景の中を走る雰囲気は好ましかった。
今年の夏はぜひとも訪れたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

青春18きっぷ23周年

春の青春18きっぷシーズン真っ只中だ。
発売開始からちょうど23年が経つ由。

周遊券・周遊きっぷ、ウィークエンドフリーきっぷ、土日きっぷ、三連休パスなど、
各種フリーきっぷをこれまで利用してきたのだけれど、
青春18きっぷだけはなぜか1回も買ったことがない。
しばしば鉄道旅行に出かけているにもかかわらず、意外なことである。

時間がたっぷりあった学生時代のうち、
高校・大学時代は鉄道から離れていた時期だった。
社会人になってから鉄道旅行を再開したのだが、限られた時間を有効利用することが第一で、
どうしても新幹線や特急列車中心にスケジュールを組み立てざるを得ない。
時間的ゆとりが必要な青春18きっぷは、なんとも購入をためらってしまうのだ。

もちろん鈍行列車がキライというわけではない。
余裕があるときは、ローカル線でのんびりと鈍行に揺られるのが至福のひとときである。
もっとも、701系電車に代表されるオールロングシートな環境は、なんともぞっとしない。

中学時代、当時の大垣夜行に2度ほど乗ったことがあるが、
この年齢になると「ムーンライト~」系の座席夜行は辛そうだ。
青春18きっぷの旅は、時間も体力もあるヤングに任せたいと思ったことである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »