« January 2005 | Main | March 2005 »

聖地・今泉駅

2月26日に宮脇先生ゆかりの場所のどこを訪れるか迷ったが、
「時刻表昭和史」で先生が玉音放送を聴いた場所、
山形県の今泉駅に向かうことにした。

福島盆地にはほとんど雪がなかったが、
つばさが板谷峠にかかると一面真っ白である。
ときおり雪が止み、青空が見えると雪景色がまぶしい。
米沢から米坂線で今泉に向かってもよいのだが、
ここは原典に忠実に、赤湯から長井線(現・山形鉄道フラワー長井線)に乗る。
昨年7月にまったく同じルートをたどっているものの、
降り積もった雪のため景色は一変している。
ここが同じ場所とはにわかには信じられない。
途中から高校生が大勢乗り込み、窓が曇る。
その高校生たちをかき分けるようにして、今泉駅のホームに降り立った。
105_0589
ホームの屋根の下にも雪が吹き込んでくる。
跨線橋をわたり、こじんまりした駅舎を抜ける。
60年前の夏の日に、ラジオから玉音放送が流れた駅前広場を眺める。
駅前旅館が2軒向かい合って建っているが、商店などは見当たらない。
列車から降りた客が、迎えの車に乗って立ち去ると人気もなくなった。
駅舎の軒先にたたずみ、静かに合掌した。
雪が絶え間なく降り続いている。
時折り風が強くなると、積もった雪を舞い上げて、地吹雪のようになる。105_0591
雪国の厳しさを改めて知る。

「時は止っていたが汽車は走っていた」

ストーブが暖かい待合室で1時間ほど過ごし、
米沢行きの列車に乗る。
キハ47+キハ52の2両編成なので、当然のようにキハ52に乗車。
列車が走り出すと、ものすごい勢いで雪煙が上がる。
水滴が車内に吹き込んでくるので、こはいかにと思いよく見ると、
二段窓の上段と下段の隙間から吹き込んでいた。
さすがにベテラン、40年選手のキハ52だけのことはあると、
妙に感心したことである。105_0599
窓ガラスには雪がこびりつき、車窓が見えにくくなるが、
それもまた一興と感じた。

米沢駅の端っこにある米坂線のホームに着いた。
雪にまみれながら改札へと向かう。
改装された待合室で、上りのつばさを待ったことだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宮脇先生の三回忌

明日、2月26日で宮脇俊三先生が亡くなってからちょうど2年になる。
訃報を聞いたのは3月に入ってからだったが、つい昨日のことのような気がする。
今年の2月26日は土曜日で休日。
汽車旅を愛した先生の命日だから、どこかへ出かけずにはいられない。
会社帰りに土日きっぷを買ってきた。
先生ゆかりの場所を訪れたいのだけれど、さて何処へ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

列島縦断 鉄道乗りつくしの旅

昨年放送され、静かなブームとなった関口Jr.氏の最長片道切符の旅。
今年はJR全線踏破に挑戦だそうで。
http://www.nhk.or.jp/tabi/

故・宮脇俊三先生が生きておられたら、なんとおっしゃるだろうか。
そういう自分もJR全線中の78パーセント(新幹線含む)ほどを乗ってしまったわけですが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旧型客車に萌える日々

約1年前より復活した鉄道模型(Nゲージ)。
国鉄型ばかりを1年で350両ほど購入してしまったのはどうしたものか。

最近は旧型客車中心に購入している。
35系、43系はそれぞれ10両ずつくらい保持しているが、
このたびKATOより10系を中心に新発売、再生産されたのでまとめて購入。
新たに発売されたオロ11は2両、再生産のナハ11は3両購入。
既に持っているナハ11、ナハフ11や35系、43系と合わせて晩年の急行桜島・高千穂を再現したく思う。
牽引機は昨年末に発売されたKATO製のEF58-60を予定している。
上記列車を牽いていた当時、前面はHゴム化されていなかったのだが、そこには目をつぶっておく。

プラ製の10倍の価格という王様趣味のスハフ32なども購入してしまったが、
さすがに急行ニセコセットは手が出ない由。
7両基本+増結で10数万円という価格は、16番に比べれば安いのだろうが、
好事家向けとはいえ何ともぞっとしない。
でも欲しいことである。

自分自身、実車の旧客乗車体験といえば、記憶に残っている限りでは、
1970年代後半から80年代前半に、山陰や四国で何度か乗っただけであるが、
当時は珍しくない存在だったせいか、華やかな特急の写真ばかり撮っていて、
旧客の写真がまったく残っていないのが何とも残念だったことである。
ゆいつ残っているのは、カーブの区間で若桜線のオハ35(だったと思う)の窓を開け、
前方のDE10を映した写真だけだ。
斜めに曲がった写真だけれど、古き良きローカル線が思い出されて、
個人的には気に入っている1枚である。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »