« 明日、さいたまvs調布の首都決戦 | Main | 12年目の夢 »

逝く秋

suigun天気もよさそうだし、浦和の試合もないということで、
2ヶ月ぶりの乗り鉄で水郡線に出かけた。
もっとも6時に起きることができたということが大きいのだけれど。
今年の紅葉はあきらめかけていたのだが、何とか間に合ったようだ。

Maxやまびこで郡山に着いた。
構内は駅ビルの改装工事らしく、あちこちが工事中で雑然としている。
トイレに行った後、みどりの窓口で切符を購入し、改札へと向かったのだが、
どうしたものか、この間が距離が離れているうえに非常にわかりにくい。
乗り換え時間には余裕を持たせており、
朝食がごく軽かったので駅そばでもと思っていたのだけれど、
結局はそばを食べる時間も飲み物を確保する時間もなく、
ギリギリで水郡線のキハ110系に乗り込むことになったのはぞっとしない。
副業に力を入れるのもいいが、本業をしっかりして欲しいと苦言を呈しておく。

肝心の車窓の紅葉だが、一昨年の仙山線や昨年の陸羽西線と比べると、
南に位置するせいか見所が少なく、
10月の天候不順の影響もあって、色がくすみがちなのが今ひとつだったことである。
袋田の滝まで足を伸ばせば色々と楽しめたのだろうけど、
それでも拝めただけよしとしておく。

常陸大子では1時間ほど時間を取ったので、
駅前の玉屋旅館で名物のしゃも弁当を購入。
がらんとした待合室でもそもそと平らげた。
しゃもの肉は初めて食べるのだが、
普通の鶏に比べてしっかりとした歯ごたえがあり、なかなかうまかった。

久慈川の流れは清々としていて、
やっぱり新緑の頃が一番なのかななどとも思った。
久々にローカル線を堪能できたことだった。

|

« 明日、さいたまvs調布の首都決戦 | Main | 12年目の夢 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/1950976

Listed below are links to weblogs that reference 逝く秋:

« 明日、さいたまvs調布の首都決戦 | Main | 12年目の夢 »