June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

Link

AD



無料ブログはココログ

« 昭和情景博物館 | Main | さよなら近鉄バファローズ »

東北大陸から

先週の金曜日、三連休パスを久しぶりに買った。
今年度からは3セク路線や北海道会社の中小国~函館が乗れるようになったのだけれど、
なんとまあ2000円値上げされているではないか。
連休前日なので、初日のはやて・こまちの指定は満席でもう取れないし、
未乗区間に乗ることはあきらめ、駅弁を楽しむ日帰りとした。
2年前に一戸で食べたロースカツ弁当の旨さが忘れられず、もう一度食べてみたくなったのだ。

盛岡までやまびこにのり、IGR(いわて銀河鉄道)に乗り換える。
新幹線からの乗り換えが、すっかり不便になってぞっとしない。
狭い通路と階段を通って改札をくぐる。
JR時代の701系とは違い、一部がボックス席となっているので弁当は食べやすい。
盛岡駅で購入した、前菜?の前沢牛弁当の包みを開く。
肉が2切れだけなのがちょっと物足りないものの、味の方はまずまず。
かつてD51の三重連が奮闘した、奥中山の峠もIGRの7000系はらくらく越えていく。

一戸駅前から調整元の山口松山堂に電話をかけて注文し、数分ほど歩いた店の前に行く。
2年前と変わりないが、あの時は曇天の夕方、今回はすっきり晴れた秋空の下で気分も違う。
前回同様に社長さんが厨房で一人ぽつんと弁当を包んでくれた。
手づくり感が伝わって、胸がじーんとする。
駅の待合室に戻って、さっそく箸を使う。
タレに漬け込んだカツは相変わらずの美味である。
1時間ほど前に弁当を食べたばかりだのに、どんどん箸が進む。
すっかり食べ終えて満足し、駅の辺りをぶらぶらとする。
電化前は蒸機がたむろしていた構内を眺めたことである。
今ではすっかり草に覆われて、兵どもが夢の跡だ。
こうやって過ぎ去りし日に想いをはせることが、最近多くなったように感じる。

二戸に移動すると、駅前でなにやらお祭りが行われていた。
街自体はこじんまりとしており、普段は閑散としているのだろうけど、
駅が賑わいをみせるのはよいことだ。
上りのはやては楽に指定が取れ、東北大陸を疾走して帰ってきたことだった。

« 昭和情景博物館 | Main | さよなら近鉄バファローズ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9665/1475998

Listed below are links to weblogs that reference 東北大陸から:

« 昭和情景博物館 | Main | さよなら近鉄バファローズ »